ラジオを用いた社内報、「社内ラジオ」の特徴

社内ラジオの様子は以下のように当社が機材を持ち運び、お客様を訪問して収録します。また、その効果についても動画で解説致しました。

社内報として活用する社内ラジオ

スライドで簡単にご説明致しました。

 

社内ラジオの様子

社内ラジオをやってみたいけど、自社でスタートするにはハードルが高い!というニーズに対してサービスを展開しているのが当社です。新しい形の社内報です。

この手法を使って社内のコミュニケーションを活性化させるのが、ラジオの施策の目的です。

2022/11/29サンテレビ制作の番組による

2022/8/31神戸新聞掲載の記事による

https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/202208/0015597768.shtml

社内ラジオの特徴

社内ラジオが、紙や動画の社内報に比べてどのような特徴を持っているのか、優位性がどこにあるのか、についても話してみました。

社内ラジオの3つの特徴

  • 長時間、聞かれやすいため、ファンを増やしやすい
  • 人柄が伝わりやすく、比較的手軽に楽しくできる
  • 記憶に残りやすい

ファンを増やしやすい

これが最大の特徴ですね。音声コンテンツはエンゲージメントのメディアであると断言出来ます。

ラジオを長時間聞くことにより、出演者(DJ・パーソナリティ)への好感度が上がります。間違いなく。

私は何度もこれを実感しています。テレビで知って、好きではなかった芸能人をラジオで聞いて好きになることも頻繁にあります。

社内ラジオに限らず音声のコンテンツは「ながら視聴」が特徴です。必ずなにかをしながら聞く。ラジオのみに集中することはありません。だから、結果的に長時間聞く。

社内ラジオを導入してださった会社で実施したアンケートでは100%の社員様がなにかをしながら聞いていました。

私がラジオを聞く時も同じ。私は自宅デスクの横に自転車を設置し、疲れてきたら有酸素トレーニングをしております。自転車にのっている最中は暇です。

その時間はポッドキャストやラジオを聞く時間です。40~50分のトレーニングをするのですが、この時間中にチャンネルを何度も変えることはせず、ずっとつけっぱなし。

コンテンツがおわったら次のコンテンツに自動的に変わるので、そのまま聞き続けます。これがラジオ及びポッドキャストの特徴なんですね。長時間聞くことで、いつの間にやらファンになります。

知らずしらず、長時間、番組に接していることに気づきます。この時間でたくさんの番組に出会い、実際にファンになりました。

社内ラジオを企業で行う際に参考になる資料

以下は Jacobs Media Techsurveyが2023 年 1月~2月に30,000人のラジオリスナーを対象に実施した調査より当社が作成したグラフです。

ラジオを聞く主な理由として最も多かったのが、DJ/パーソナリティ/番組が好き、というものです。

リスナーは人や番組に親近感をもち、聞き続けるという行動をとります。まさにラジオはエンゲージメントのメディアであるということです。社員の会社へのエンゲージメントを上げたい企業様には社内報としての社内ラジオはこれ以上ないくらいよい選択肢です。

また、以下はラジオの親密感について語られたものです。

ラジオは、リスナーとDJの間に不思議な距離感があり、リスナーの立場からすると、好きなラジオDJはよく知っている友人のような親近感を感じます。

https://news.line.me/detail/oa-jwavenews/7f6080a6ddf3

https://www.oricon.co.jp/news/2250339/photo/2/

社内ラジオちょい聞き

社内報ですので、公開できないものがほとんですが、以下はポッドキャストで聞くことができるものです。一部ですが、紹介致します。

社長の思いを届けるコンテンツ

ダイワコーポレーション株式会社 曽根 和光(そねかずみつ)社長

錦城護謨株式会社 太田泰造(おおたたいぞう)社長

株式会社リゲッタ様

社内ラジオのサービスを初めて取り入れてくださった株式会社リゲッタ様。社長や社員にインタビューする番組。毎週2回配信し、190回以上行いました。

健康情報を発信する企画も行い、多くの社員様が番組の影響でサプリメントやプロテインを飲み始めるという行動変容に繋がりました。

その他

Japan podcast awards 推薦作品

大阪府八尾市の企業様を中心に展開するオープンファクトリーイベント、factorism(ファクトリズム)。こちらの参画企業様や、事務局の舞台裏にスポットを当てる番組です。

なかでも、錦城護謨さまという日本のゴム部品の50%を製造するモンスター企業様の社長様の取組が熱すぎて、1000を超える応募作品の中から、見事選ばれて、アワードの推薦作品となりました。

社内ラジオの特徴・イメージをまとめると

社内ラジオはとても社内のコミュニケーションを活性化させる特徴を備えたツールです。

  • 長時間、聞かれやすいため、ファンを増やしやすい

  • 人柄が伝わりやすく、比較的手軽に楽しくできる

  • 記憶に残りやすい

企業の人事や、広報の担当者の方、これらの特徴をみすみす見逃すわけにはいかないでしょう。自社ではじめられそうなら、是非始めてみてください。こちらにまとめてみましたので、参考にしてください。では、また👋