ラジオを用いた社内報、「社内ラジオ」の特徴、イメージを公開

社内ラジオの様子は以下のようにオフィスエンニチの高間が機材を持ち運び、お客様を訪問して収録します。また、その効果はどうなんだ?についても動画で解説。

社内ラジオの様子

社内ラジオをやってみたいけど、自社でスタートするにはハードルが高い!というニーズに対してサービスを展開しているのがオフィスエンニチです。いうなれば、社内報の新しいカタチです。

この手法を使って社内のコミュニケーションを活性化させるのが、ラジオの施策の目的です。

2022/8/31神戸新聞掲載の記事による

https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/202208/0015597768.shtml

機材を持ち運び収録に訪問

オフィスエンニチでは機材を持ち運び、お客様を訪問。スーツケースに機材を詰め込み、訪問するまでのイメージを動画にしました。

社内ラジオの特徴

社内ラジオが、紙や動画の社内報に比べてどのような特徴を持っているのか、優位性がどこにあるのか、についても話してみました。

社内ラジオの4つの特徴

  1. 人柄が伝わりやすく、手軽に楽しくできる
  2. 音質にこだわると重要な内容であると認識されやすい
  3. 長時間、聞かれやすいため、ファンを増やしやすい
  4. 記憶に残りやすい

ラジオは「ながら視聴」が特徴です。必ずなにかをしながら聞く。ラジオのみに集中することはありません。

社内ラジオを導入してださった会社で実施したアンケートでは100%の社員様がなにかをながら聞いていました。

私がラジオを聞く時も同じ。私は自宅デスクの横に自転車を設置し、疲れてきたら有酸素トレーニングをしております。自転車にのっている最中は暇です。

その時間はポッドキャストやラジオを聞く時間です。40~50分のトレーニングをするのですが、この時間中にチャンネルを何度も変えることはせず、ずっとつけっぱなし。

コンテンツがおわったら次のコンテンツに自動的に変わるので、そのまま聞き続けます。これがラジオ及びポッドキャストの特徴なんですね。長時間聞くことで、いつの間にやらファンになるんです。

知らずしらず、長時間番組に接していることに気づきます。この時間でたくさんの番組に出会い、実際にファンになりました。

社内ラジオのイメージ

社内ラジオのサービスを初めて取り入れてくださった株式会社リゲッタ様。社長や社員にインタビューする番組。毎週2回配信し、190回以上行いました。

健康情報を発信する企画も行い、多くの社員様が番組の影響でサプリメントやプロテインを飲み始めるという行動変容に繋がりました。

社員様へのインタビュー企画

健康企画

外部から健康に関するトピックスを語ることのできる講師を呼び、合計9回配信。この企画がきっかけとなり、サプリメントやプロテインを始める社員が続出。私もその一人です😂

起業家にインタビューする番組

関西大学梅田キャンパス 、KANDAI Me RISEが運営するコワーキングスペースに集まる起業家にインタビューする番組。

起業家同士のコラボを促進すべく、どんなことをやっているのか、どのようにビジネスをインキュベートさせたのか、などを聞いていきます。

ディレクションのみ

ラジオ社内報の製作プロセス

社内ラジオの編集の様子を公開しています。公開している編集風景は一部ですが、どのような作業なのか、おわかりいただけると思います。
動画では、トークの不要な部分のカットと、BGMをつける工程を公開しています。

その他オフィスエンニチが作成、関わった作品

Japan podcast awards 推薦作品

大阪府八尾市の企業様を中心に展開するオープンファクトリーイベント、factorism(ファクトリズム)。こちらの参画企業様や、事務局の舞台裏にスポットを当てる番組です。

なかでも、錦城護謨さまという日本のゴム部品の50%を製造するモンスター企業様の社長様の取組が熱すぎて、1000を超える応募作品の中から、見事選ばれて、アワードの推薦作品となりました。

つむちゃんラジオ Yuigon

青森在住のメンタルコーチ、つむちゃん。私の社内ラジオのアイデアはこの人とのコーチングの中から出てきました。

高枕と出町柳田の音楽が大好きだ

音楽番組です。ハイテンションでテンポよく進めるのが気持ちいい番組です。

社内ラジオの特徴・イメージをまとめる

社内ラジオはとても社内のコミュニケーションを活性化させる特徴を備えたツールです。

  1. 人柄が伝わりやすく、手軽に楽しくできる
  2. 音質にこだわると重要な内容であると認識されやすい
  3. 長時間、聞かれやすいため、ファンを増やしやすい
  4. 記憶に残りやすい

企業の人事や、広報の担当者の方、これらの特徴をみすみす見逃すわけにはいかないでしょう😎自社ではじめられそうなら、是非始めてみてください。こちらにまとめてみましたので、参考にしてください。

では、また👋