公開メールマガジン

社内ラジオは組織の壁、会社の壁を飛び越える可能性もある

日本で唯一(おそらく)の社内ラジオ事業者である、オフィスエンニチがお送りするメールニュースです。
今後お知らせが不要な方は、お手数ですが、stakama@office-ennichi.comまでお知らせ下さい。クリックすると、音声が流れます

こんにちは。みなさまジメジメとした梅雨の中、体調など、崩されてないでしょうか。わたしは相変わらず元気で、精力的な活動を進めており、新しい取り組みも始めております。先日は、大阪の産業創造館の展示会に出展いたしました。(2024年6月)

ブースはこんな感じで2社合同で出展。

多くの方に来ていただき、大盛況です。社内ラジオが多くの企業にインパクトを持って受け止められていることを実感致します。

社内ラジオは組織の壁を飛び越える

当社はラジオを使ったプロダクトを作る会社です。社内報がメインですが、想像以上にいろいろな使い方ができます。

たとえば、社内ラジオのDJが交流するアイデア。A社のDJが、B社でDJを行うものです。

これはものすごく面白い効果を生むんです。

番組の運営自体が交流を生み出し楽しい体験になる
お互いの会社を知るきっかけになり、セールス効果も期待できる

マスコミュニケーションではなく、会社単位でのポイントを絞ったマーケティングの側面があるわけです。会社の知名度を上げていきたいと考えるBtoC企業様と、コンテンツを充実させたい企業様はマッチングが成立します。

ラジオを通して他社と交流する。こんな面白いことってありますか?

具体的な社名を出すことができないのがとても残念なのですが、それが実現に向けて少しずつ進み始めたところです。皆様にお話しできる日が来るのを私自身もとても楽しみにしています。ではまた。

紹介した楽曲

The Sextones – “Here I Go Again”

2007年結成のアメリカのソウルバンドです。70年代のソウルやファンクから影響を受けたもので、軽やかなファルセットと心地よいリズム、ヴィンテージ感溢れるサウンドがたまりません。紹介する曲は、女性シンガー、ジーン・プラムの1975年の曲のカバーです。こちらも最高。是非チェック。

↓オリジナル

あなたはどちらが好き?

関連記事