インナーブランディング

インナーブランディングの成功事例を3社解説!成功の秘訣は量だった!?

インナーブランディングとは企業ブランドの価値や目指す姿を社員に理解させ、行動レベルで浸透させる活動のことを指します。これに対して、自社のブランド価値を社外に対して啓発する事をアウターブランディング(エクスターナルブランディング)と呼ばれることもあります。

インナーブランディング研究の第一人者である大妻女子大学短期大学部 甲斐莊 正晃(カイノショウ マサアキ)氏の定義による

インナーブランディングの成功事例を3例ピックアップしてみました。どの例も圧倒的な活動量に驚かされます!

インナーブランディングを行う効果は多岐に渡る

  • 社員の顧客志向の向上と顧客満足度の向上
  • 顧客視点の新製品・サービス開発
  • 社員によるブランド価値の社外発信
  • 社員が仕事にやりがいや前向きな気持を感じるようになる
  • 離職率が低下する
  • 社内一体感醸成
  • 経営方針の社内浸透と業務活動での実践

インナーブランディングのステップ 

一般的にいわれるインナーブランディングは企業ブランドの価値や目指す姿を社員に理解させ、行動レベルで浸透させる活動のことを指しますが、私達はもう少し広い意味でインナーブランディングを捉えています。

あくまでも私達の独自見解に近いです。参考にさせていただいたのは、名古屋経済大学 徐 誠敏 准教授の視点です。そこに、経営を俯瞰で捉える際に活用されるフレームワークである7Sの視点を活用致しました。

そうすると、経営戦略やスキル、スタッフなど全てをデザインする事で、はじめて内部をブランディングできる事が見えてきます。

(この視点になるとあまりに広すぎて、もはやインナーブランディングという言葉の範囲を脱してしまう為、あえて狭義にとどめている定義が多いのか、という視点もあります)

さて、インナーブランディングを狭義の意味として、理念の浸透などに的を絞ると、フローは以下のステップとなります。

知る/理解する/共感する/行動するの4ステップ

インナーブランディングは、上記のファネル(じょうご)の図で説明をすることができます。このステップは非常にシンプル。顧客の購買行動を説明する際にもこのファネルで説明をされることが多いのですが、インナーブランディングも同様です。

まず知らなければ理解をすることができません。 例えば、価値や目指す姿を知るだけでは 不十分です。それらを理解して共感する必要があるでしょう。インナーブランディングは、とても地道な活動で、繰り返し繰り返し、粘り強く行っていく必要があるでしょう。

そういった活動を通して企業内(社員一人ひとりの行動レベル)に価値や目指す姿は浸透していきます。

実際のインナーブランディングの成功事例を見てみましょう。

株式会社アイワード

同社は「民主的な運営」を運営上の重要な方針として定めています。そのための具体的な施策として、特に情報の共有化を大事にされておられます。

全社員が業務の気付きや提案を書いた日報を毎日提出。その中で共有すべきものがあれば、社内報に掲載されるとのことです。

注目はその頻度。なんと社内報は週に2回から3回発行されるそう。

この頻度での社内報の発行は普通の会社ではあまり行われていません。これは凄いことだと感じました。

https://iword.co.jp/

https://www.jagat.or.jp/past_archives/story/4693.html

株式会社ニチレイフーズ

冷凍食品の企業様。こちらは、「ハミダス活動」として、社内活性化プロジェクトを進めておられます。2018年に消費者庁長官表彰」を受賞しています。何しろ名前がいいじゃない 。

はみ出すことをよしとしてこなかった日本社会で、はみ出すことを推奨する思いが込められてるかのようです。ホームページを見ると、 こう書いてあります。

今の立ち位置から一歩ハミダシて、手を携える。

つまり、周囲との連携をすることです。

自分の仕事の範囲を決めずに、勇気を持って仕事をカブってみましょう。

取り組み

  • 毎月1回以上、社長のトップメッセージを動画で配信
  • 社員の少人数ミーティング(なんと7年間で500回以上!)
  •  T シャツを作って社員に配る
  • 工場ごとのロゴを作る

動画は役員層と経営トップの想いや社内情報を伝える事を目的にしているそうで、ハミダス活動開始から毎月1本以上という勢いですから、とにかくその手数が多いことに驚かされます。

こういう活動をされている会社は少なくはありませんが、 ニチレイさんの場合は圧倒的な活動量!

逆の見方をすると、トップの思いや、 社内の情報を共有するのに、このくらいの活動量は必要だと判断されたということでしょう。

ホームページでもかなりのページ数を使って紹介をされていて、時間とコストを使っていることがよくわかります。

https://www.nichireifoods.co.jp/corporate/hamidasu/top/

カルビー株式会社

カルビーさんは社内報に力を入れられています。

全国の優秀な社内報を表彰する『社内報アワード』を主催するウィズワークスの代表浪木克文氏は、社内報によるインナーコミュニケーションは、イノベーティブな企業づくりを促進するそう。同感です。社内報が果たす役割は決して小さくない。

カルビーでは、社内報が 「経団連推薦社内報」にて企画賞を受賞、「社内報アワード2020」も受賞されています。

A4で20ページ、2ヶ月に1回発行、その間に Web 版も製作されているということ。こちらもものすごく力を入れていらっしゃるようです。 紙と WEB を組み合わせて行なっているところがポイントで、どうしても一方通行になりがちな社内報を社員参加型の形にして運用されているようです。

2012年に、ウェブを取り入れられたようで、社長のメッセージに匿名でコメントをつけられるようにされました。 その話がまた面白くて、

社長が「夏休みにクルーズに行きます」と発言。その発言に対して社員からは匿名で、「現場は忙しくて長い夏休みなんてとれない」というコメントが入ったそう。そこから経営層と社員のコミュニケーションが活発化したんだそうです。

やはりカルビーでも同じく、情報をとにかくたくさん出すことに気を使っている様子。

社内の一大イベントも掲載するし、社員が演劇を見に行ったというパーソナルなニュースまで。

https://cd.zeroin.co.jp/cappy/calbeeintranet/

https://hiptokyo.jp/hiptalk/shanaiho/

成功事例をここまで見てきましたが、インナーブランディングにおいてはとにかく情報発信の量が大事です。

数ヶ月に一度だけの情報発信では、やはり手数(てかず)としては少ないと言えるでしょう。

理念やビジョンの浸透を行うならば、粘り強く根気強く何度もやっていくことが大事です。形は、動画でも紙面でも音声でも構いません、社風に合ったやり方で行なっていくのが良いかと思います。